木曜日の森元です 第6回

2019年5月5日 日曜日

こんばんは。

わたしはこのところずっと咳こんでおります。

咳止めの薬を飲んで、のど飴を舐めている日々です。

さて、こどもの日ということで、近所の市場には

かしわもちとちまきがめっぽう売られておりました。

かしわもちといっても、鶏肉入りのお餅ではありません。

おいしそうでした。

たいていのかしわもちの中身はこしあんですから、

ちょいと惜しいものの、この際は4の5のと言っては

いられません。

それに、眼の前のそのかしわもちには「2割引き」の

シールが貼られていたではありませんか。

しかし、どっこい、わたしはかしわもちを買いませんでした。

たとえ買っても、おいそれとは食べられないからです。

過日にわたしは豆大福餅を買って帰ったところが、

それは家人にすぐさま冷凍保存されてしまいました。

おあずけです。

現在もまだ暗い冷凍庫で冷たく眠り続けています。

わたしが甘いものをよく食べる甘い生活にまみれた

甘い人間であるということを案じている家人が

しょっぱい指導をほどこすのです。

こどもの日におじさんが甘い夢を見るのがそもそも

甘いのかもしれません。

戻る